スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

黒猫は幸運の使者です。

►2007/11/21 00:02 

猫友のチェシャネコさんがこのようなバトンを始めました。

黒猫は幸運の使者バトン


チェシャネコさんとは何かと意見や趣味が合うことが多いのですが、私も昔から全く同じことを考えていました。

私の場合は猫が好きということが大きな理由で、猫が目の前を通ると、白だろうが黒だろうが、三毛だろうがブチだろうが、とにかく幸せな気分になります。つまり猫は「幸せの使者」であると思っています。招き猫がそのいい例です。

そして古代エジプトでは、猫は神として祭られていました。エジプト神話にも、猫の格好をした神がいて、その神は豊穣と歓喜をもたらす神だったいうことです。
当時のエジプトでは、猫が死ぬと人間と同じようにミイラにして葬ったそうです。

しかしそうでなくても、元来猫は警戒心の強い動物。それが人の目の前を通るなんてことはラッキーなことだと思うのです。
例えばドライブ中、野生の猿や鹿を見かけると、「運がいい!」と思うのと同じです。
猫はペットとして飼われるようになったから街中にいっぱいいるように見えるだけで、それでもなかなか人目につくような所を歩いたりはしません。
その中でも実は真っ黒な猫って、本当に少ないんですよね。真っ黒な黒猫を偶然見かけたことって、ほとんどありません。
わたしが登録している猫好きが集まるSNSでも、真っ黒な猫って結構少ない。レアなんですよ。

つまり、黒猫を見かけるのは運がいいのです。


さらにチェシャネコさんのところではこんなことも紹介されています。

黒猫は不吉のしるし、なんて思っている人は多いのではないでしょうか。
それ、とんでもない誤解。
それでは黒猫に失礼というものです。

ヨーロッパでは、道すがら、黒猫があなたのほうに歩いてやってくるのは幸運のしるしです。
そのときに、猫をなでながら願いごとを唱えるときっとかなうとされています。
このとき、猫の頭のほうをなでること。
しっぽに近い方をなでると幸運が逃げて行ってしまうそうです。

その一方、黒猫があなたの行く手を横切って歩くのは不吉だからすぐに十字を切る、という風習が。
でも、魔女の家系に生まれたクレア・ナーマド女史(「猫のおまじない」著者)によれば、これは不吉を避けるのではなく、幸運の使者である黒猫に、祝福をこめた挨拶をおくることが本来の目的であったとか。

(鏡リュウジ「願いごとをかなえる28の魔法」―12.不吉どころか幸運の使者―より)


このような間違った迷信が深く根付いているせいで、実際ヨーロッパでは黒猫を駆除することもあるそうです。
詳しくはチェシャネコさんのブログのコチラの記事をご覧くださいね。


黒っていう色も悪いんでしょうね。黒に対するイメージってあまり良くありませんものね。
でも何で黒って悪いんでしょうかね?悪魔の色だから?
それにしても身の回りにあふれている色ですよね。本当に悪い色なら、こんなにも身の回りに使われていないんじゃないかと思います。

私が思うに、黒は「未知数」の色だと思います。たくさんの色を混ぜると黒になりますよね?色にパワーがあるのだとしたら、そんな何色も混ざった黒は、ものすごくたくさんのパワーを秘めていてると思います。

そしてもう一つ、黒は「闇」の色。「闇」というのも恐怖を連想させるものですよね。だから黒も恐怖を連想してしまうのかもしれません。
しかし、ほとんどの人間が眠るのは「闇」の時間、つまり「夜」。夜は「安らぎ」の時間でもあるわけで、黒もまた、時には「安らぎ」を意味する色だとも思うのです。

私の勝手な解釈かもしれませんが、でもこう考えると黒猫のそのちょっと妖しげな姿の影には、たくさんの素敵な魅力が秘められていると思いませんか?



この記事に賛同して下さる方は、タイトルを「黒猫は幸運の使者です。」として、この記事の斜線部分とこの文をコピー&ペーストして記事を書いて下さい。
その際、記事のどこかに「チェシャネコさんの作ったバトンです」として、http://moon.ap.teacup.com/chesha/3870.htmへリンクを貼り、トラックバックを飛ばして下さい。

※反対者からのトラックバック、無関係のトラックバックは削除します。






登録サイト50万突破のA8.net
和風アイテムならWargo(ワーゴ)
秋冬コーデ決定版!本命ニット83着

日々の徒然Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。