FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

どうしても苦手な事

►2012/04/11 13:53 

料理は人並みに、それなりに色々できる方だとは思います。


だがしかし、ひとつだけ、どうしても苦手な料理があります。

それはオムライス…。


どうしても、うまく包めないのです。
練習するしかないのでしょうが、一度苦手意識がついてしまうと、なかなか作ろうとは思わず、そのまま放置。
そしてしばらくして、オムライスが食べたくなってトライするものの、当然うまく作れなくて嫌になって…の繰り返し。
味は普通なんだけど、やっぱり料理は見た目も大事だと思うんですよ。


でも、子供が産まれたからには、美味しくて見た目も綺麗なオムライスを作ってあげたいじゃないですか。

それでこの数ヵ月、何度かまたチャレンジしてるのですが、やっぱりうまくできなくて、「ああもう、私にはオムライスを作る才能無いわぁ…」って、諦めそうになっていました。

ところが先日、テレビで「たいめいけん」のふわとろオムライスの作り方を、科学的に検証した番組を見て、これはもしかしたら、私にもできるのでは?と思いました。

もちろん、卵を返すテクニックや、火加減の見極めどころは、経験を積んでいかねばならないところだけれども、問題点が一つ解消されました。

卵を返す時に、どうしても破れちゃうのが問題だったのですが、とにかく卵をコシがなくなるまで混ぜると破れにくいと言っていて、なるほど!と思いました。

黄身と白身の固まる温度が違うから、ちゃんと黄身と白身が混ざっていないと、境目のところで破れてしまうんだそうです。

いっつも、菜箸で混ぜて、だいたい混ざったあたりでやめてたよ。
実際には、濾し器を使って更になめらかにするくらい、黄身と白身を混ぜてました。



本当は、上に卵を乗せるやつじゃなくて、包むタイプのものがいいのだけど、問題点は同じだろうから、まずは上に卵を乗せるタイプのでやってみようと思い、今日のお昼に作ってみたら、盛り付けの時に失敗して形が崩れちゃったけど、でも私にしてはかなりいい出来。
返す時に、卵が本当に破れなかった!

中も、もう少し半熟が良かったけれど、それなりにふわとろだったし。


これは、息子に美味しいオムライス、作ってあげられるか!?



火加減も、IHだから、フライパンの底を放すと、熱がフライパンに残ってる余熱で調理するしかないので、ちょっと難しいけれど、これは練習を重ねるしかあるまい。

あとは、もう一回り小さいフライパンだと、扱いやすくていいかもしれないな。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。