FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

いざ出産 その3

►2012/01/05 09:53 

病院についてすぐ、間隔は10分間隔になりました。

7時過ぎにチェックが病院に到着し、母と付き添いバトンタッチ。
出された朝食と昼食を難なく完食。


そして昼過ぎ、間隔が5分間隔になり、痛みもより一層強くなるものの子宮口はまだ1センチ。

体を起こすのが辛く、晩御飯はさすがに食べられなくて、チェックにゼリーの栄養補助食品を買ってきてもらい、それで飢えをしのぎました。

しかしまだまだ産まれる気配がなく、「このままの状態が続いたら翌日破水させて陣痛促進剤を投与します」と言われ、翌日その通りになりました。


この日は二人部屋だったんだけど、先に入ってた人が無痛分娩だったらしく、痛みが出てくる度に麻酔を入れてもらってて、私は隣で5分おきにウンウン言うたびに「次は無痛かな…」なんて思いながら痛みに耐えたっけ。

何時ごろだろ?晩御飯終わった後くらいに、隣の人は子宮口がだいぶ開いてきたからと陣痛室に移動して、そこでやっと私は、痛みが来た時に声を出せて、気持ち的に少し楽になりました。
それまでも控えめに「ウーン…」とか言ってはいたけど、本当はもうちょっと声出したかったの。でも、うるさいと迷惑かと思って我慢してた。



夜、面会時間が終わって、チェックは帰りがてら、実家の近くの神社で「早く産まれますように」と願をかけたらしいです。


この日の夜中は、当然ながらこれまで以上に眠れなくて、でも眠さがかなりピークで、5分の間になんとか睡眠を摂るという妙技を編み出してました。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。