スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

理想と現実

►2012/07/31 00:19 

さてさて、出産直後から順調だった母乳育児、途中、乳頭保護器を使うなどしましたが、おかげで息子は病気もせずにスクスクと成長中であります。


母乳育児をするにあたり、ずっと決めていたことがあります。

それは

絶対に「断乳」はしないこと!


「絶対」は言い過ぎかもですが、病気や第二子妊娠など、やむを得ない場合を除き、息子が自然に離れる、もしくは自分からいらない、と言うまで、こちらから無理矢理、唐突に授乳を断つことは極力避けたいと思っていました。

続けたくても、夜中の授乳が続いたりすれば、体力的にも辛くなることも出てくるだろう…そうなっても、無理に離すのではなく、息子なりに納得できる形で、きちんと「卒乳」させ、できるだけ長く、最低でも二歳までは授乳させたい、そう考えていました。


三ヶ月過ぎたあたりから、夜もまとめて寝るようになり、最初は分泌低下や、おっぱいトラブル、息子の体重が増えなくなるのでは?と心配もありましたが、本当にありがたいことに、トラブルも無く、息子もどんどん大きくなり、これは楽に長期の授乳ライフを満喫できる!と喜んでおりました。

しかし、離乳食がスタートし、本当に順調に食べ進めていく息子…。
だんだんと、おっぱいを飲む回数が減ってしまい、今は眠くなった時にしか、ガッツリ飲まなくなってしまいました。

後はたまに、片乳だけをちょこっと飲んで終わりとか。

おっぱいが嫌なのかな?と思って、搾乳したものを哺乳瓶であげても、50ccくらいしか飲まない。

離乳食でお腹いっぱいなのかな?
でもまだ、固形物から全ての栄養を摂れないから、なんだかんだ飲んでもらいたいのだけど…。
せめて一日三回食になるまでは、今の回数から減らないようにしたい。


哺乳瓶でも飲まないから、ミルクも飲まないだろうし、なんとか離乳食にミルクを混ぜて、栄養摂れるようにはしてます。


そして、栄養面が心配というのもありますが、長く続けようと思っていた授乳が、一歳前で終わってしまいそうな事に、今とてつもない寂しさを感じています。

「息子の成長の証」とチェックは言ってたけど、そりゃわかるけど、やっぱり寂しいものは寂しい!

母乳飲んでる時って、やっぱり凄く可愛いし、息子との繋がりを強く実感する瞬間だし…あぁぁん!寂しいよぅ!!

スポンサーサイト

未分類Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

ひどいよ!ばあちゃん

►2012/07/02 23:39 

病院に行ったら、いつものようにお婆さんたちのアイドルになる息子。

今日もうちの息子と、もう一人一歳二ヶ月の子を交互に見ては
「めんこいなぁ、めんこいなぁ」

と、お婆さんたちがキャッキャウフフ。



そしたら一人のお婆さんが、受付に行きがてら、息子を間近に見て、
「いやぁ、可愛いなぁ。女の子だば間違いなく美人さんだの。男の子でも美人になるべ。うちにも曾孫が8人いるけど、8人もいるのに、なんも可愛い子出て来なかったなぁ!」



え…おばあちゃん……

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

胃腸炎と乳頭保護器卒業

►2012/07/02 21:56 

今日、お昼前から繰り返し嘔吐した息子。
昼寝中に急に吐いて、30分後に再び少量の嘔吐、更に一時間後に、今度はおっぱいを飲んですぐに嘔吐。

機嫌も良く熱もないので、大事には至らないだろうとは思ったものの、念のため診療所に。

結果は胃腸炎だろうということでした。


今後、下痢や発熱の症状が出るかもしれないが、機嫌が良くて水分補給ができてれば問題ないとのことで、整腸剤と吐き止めの座薬を出してもらいました。

帰ってきてから、すぐおっぱい飲んだけど、吐かずに寝てしまったので、どうやら落ち着いたようです。


しかし、さすがに今回は焦りました。

もっと小さい時は、しょっちゅう母乳をゲフッと吐いてたけど、しばらくそれも無かったし、昼寝前に食べた離乳食を全部出す勢いでの嘔吐は初めてだったので…。

途中、モレモレうんちもしたので、何回もシャワー浴びさせたり、着替えさせたりで、バタバタして疲れてしまいました。



でも病院で、以前スーパーで会った、ハーフの赤ちゃんと遭遇。
向かい合って座らせて、ニコニコと遊ばせてみました。

やっぱり月齢が近いせいか、赤ちゃん同士何か通じるものがあるのでしょうか、それまで大人しかった息子が、まるで何か会話してるかのようにおしゃべりを始めました。

更には、今まで一番長い時間、自分の手で支えての一人座りもしていました。
相手の子、お母さん曰く「まだちゃんとお座りできなくて…」って言ってたけど、うちの息子よりちゃんとしてたような……?
息子はそれに触発されたかな?

やっぱり、地域の子育て支援とか行ったほうがいいのかなー。
今一つ、私の人見知りが災いして、行く気になれないんだけど…息子のためだもんね、頑張らないと。

あと、今日はその子のお父さんもいたんだけど、さすがに外国の方だからなのか、人目も憚らずに、我が子にチュッチュしてました。
お父さんが人前でチュッチュするのって、日本人ではあまり見ないので新鮮でした。



悪いこともあれば良いこともあって、長らく頼りにしていた乳頭保護器、外れたかも。


産まれてから二ヶ月過ぎまでは、普通に直接乳首をくわえて吸ってたんだけど、ある日突然拒否して、とにかくくわえた瞬間にギャーッと泣いちゃって、食事にも気を付けていたし、試しに搾乳して飲ませたら飲むから、味が悪いわけじゃない事は確実なんだけど、どうにも直接は吸ってくれなくて…。

その時によぎったのが、産後の乳首のチェックで「小さいけど、伸びがあるから大丈夫でしょう」って言う先生の言葉でした。

産前からかなり入念に乳首のマッサージをしてたし、産後もずっと息子に吸われてたのに、全然乳首の大きさが変わらないから、確かにアレ?とは思ってたんだよね。

で、陥没だったり扁平の乳首の人は、ソフトタイプの乳頭保護器を使えばいいっていうのを知っていたので、本当はちゃんと助産院に行って相談してからの方が良かったんだろうけど、休日だったし、飲んでくれないのは困るから、とりあえず試しに買って付けてみたら、すんなり吸ってくれました。

その後も、折を見ては外してみたんだけども、やっぱり吸いにくそうにして、怒っちゃってたんだけど、最近また、すんなり吸い付いてくれるようになりました。

保護器を使うようになってからも、乳首のマッサージは続けてたけど、やっぱり大きくならなくて嫌がった時と変わらないのに、何が良くなったんだろう?
乳首の大きさは関係無く、おっぱいはおっぱいって認識するようになったのかな?


ともかく、また直接吸ってくれるようになったことで、一番のスキンシップがまたできるようになって嬉しいです。

保護器を洗う手間やら付ける手間が無くなるのもね。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。