スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ただいま我が家

►2012/01/30 15:26 

昨日の夕方、三ヶ月ぶりに自宅へと帰ってきました。

やはり好きなもの(家具や雑貨、フィギュア等)に囲まれてるのって、落ち着く~。

でも、帰省した時の荷物が全然手付かずなので、ただでさえゴチャゴチャなのが、余計ゴチャゴチャになって、そこは落ち着かない。
ちょっとずつ片付けていこうとは思うけど、果たして片付く日はくるのか…。

昨日は晩ごはんの準備やら、とりあえずすぐ使うものの整理、お風呂の準備やらで終わってしまいました。

息子も移動で疲れてたのか、9時くらいにおっぱいをあげたら、夜中の1時半すぎまでぐっすり。
11時には起きるだろうと思って、起きて待ってたけど、私も眠くて眠くて「数分でもいいから…」と思って横になったら、二時間以上も眠れたので、ちょっとビックリ。
実は一度起きて泣いてたとかじゃないよ…ね……?



今日は、息子の起きるタイミングじゃない決まった時間に起きることができなくて、チェックが起きてきたのと、息子が泣いて起きたタイミングがちょうど一緒で、結局そこで起きたので、弁当は作れなかった…。
でもチェックも、今はまだ作れる時に作ればいいって言ってるので、素直に甘えてます。


最近、朝イチの授乳後は、寝ないで機嫌よくメリー見て遊んでたりする事が多く、今朝もそういう状態で、憧れの「子供と一緒に旦那の見送り」ができました。

その後も次の授乳まで機嫌良くて、その後の授乳後もすぐ寝てくれた上に途中でぐずったりもなかったので、今日の午前中にやっておきたい事が全てできました。なので午後は、少しだけ息子と一緒にお昼寝もしました。

初日はとりあえず順調な滑り出しですが、毎日こうとは限らないだろうし、とにかく無理なく徐々に慣れていこうと思います。

スポンサーサイト

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

青森のじじばば

►2012/01/28 21:22 

今日はチェックの実家に一泊です。

雪が凄くて、途中コンビニに寄ったり授乳したりした時間を差し引いても、弘前~青森が二時間もかかかりました。



義両親ともやはり首を長くして待っていたようで^^
入院中二回と、退院後一週間チェックの時しか会ってないものね。

そして息子を預けて、義両親と義姉への内祝と、赤ちゃん本舗でオムツが安いのでオムツと他細々買いに買い物へ。
帰る最中に泣き止まないと電話が掛かってきてしまいました。

一緒にお出掛けも憧れだし、もう連れて歩いてもいいんだけど、季節が季節だし、何よりインフルエンザが流行ってるし、預かってくれる人がいるなら、預かってもらった方が息子のためだよね。
でも、顔真っ赤にして泣いてた息子を見たら、とても申し訳ない気持ちになってしまいました。
そして必死にゴクゴクとおっぱいを飲む息子を見て、改めて愛しさと、この子には自分がいないとダメなんだという思いが溢れました。

あとは暖かくなるまでは、食材買うぐらいの買い物しかしないと思うけど、今日の買い物で一応母乳の保存パック買ったから、次何かあったら冷凍母乳持参します。




そういえば、弘前の実家が極寒すぎて、いつもチェックの実家も廊下とかお風呂場とかも寒いって感じてたのに、今日来たら「すげー暖かいじゃん!」って感じてしまった…。

未分類Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

一ヶ月健診

►2012/01/27 16:16 

今日は一ヶ月健診に行ってきました。

結果は私も息子も問題なし!
息子の体重は2000g以上増えて5158gでした。
身長も7センチアップの57センチ。

母乳オンリーだと、赤ちゃん専用の体重計が無いと、どれくらい飲んでるのかわからないから、一時期ちょっとだけ母乳足りてるのか不安になったりもして、それでも「こんだけブクブク太ってたら、そんなことはないよな」って思ってはいたけど、やっぱりきちんと数字で見えると安心しますね。


病院行ったら赤ちゃんがたくさんいて、みんなだいたい同じ月齢なわけだけど、うちの息子みたいに、すでに新生児の貫禄じゃない子もいれば、まだ産まれたてのようなフニャフニャな子もいて、おもしろい光景でした。

みんな順調に育つといいね。



ところで今日から息子はベビーバス卒業で、大人と一緒のお風呂に入れるのですが、お風呂デビューの相手は、うちの母に譲りました。

妊娠中、母はずっと「一緒に入るの♪」って楽しみにしていて、本当はもっと早くにお風呂デビューできるかと最初は思ったんだけど、退院前の説明で、お風呂デビューは一ヶ月健診の後って言われて、そうなると母が息子とお風呂入れるのは、今日しかないので、うちはこれからいつでも何度でも一緒に入れるし譲りましたよ、ええ。

私も本当はお風呂は今日からだったんだけど、実家の浴室でシャワーだけじゃ、この時期かなり無理あるので、退院後数日で風呂に入ってしまいましたけどね。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

久しぶりの!

►2012/01/21 23:40 



昨日で産後一ヶ月を迎えたこともあり、今日は久しぶりに外出しました。

退院後一週間の時に一度病院に行き、帰りに銀行に寄るくらいの外出はしましたが、お買い物をする外出は実に一ヶ月ぶり。


息子を母に任せての外出なので、一時間半ほどでしたが、やっぱり楽しかった~!

出産前は散歩がてらに飽きる程行っていた近所のさくら野(徒歩5分くらい)だけど、セールやってるし、ぼちぼち春物も出てきてるのもあって、とても新鮮に見えました。
とは言えあまりゆっくり見て回れなかったけど…。

とりあえずお目当ての授乳ケープとショルダーバッグを買って、洋服売り場をチラッとだけ見てきました。

妊娠中は諦めていた服がたくさんあって今まで我慢してた分、あまりゆっくり見ると、ついたくさん買ってしまいそうなので、逆にチラッとだけで良かったかも。
でも、通販でじっくり選んでいくつか注文しちゃったけどね。


ショルダーバッグは、今までほとんどトートバッグだったので、これからは息子と息子のお世話グッズとかを抱えてたら手が足りなくなってしまうので、手頃な大きさのが欲しいなぁ、と思っていたので買いました。
あるにはあるんだけど、ちょっと大きすぎたり、合わせて着る服が限られるようなデザインのものしか無かったので。
可愛いのが見つかってよかった。



そして帰り、エスカレーターの配置の関係で、来た時には気が付かなかった、バレンタインチョコの特設売り場があり、ついつい見てしまいました。

そしたら、いつもバレンタイン直前に買いに行くもんだから品切れになって買えなかった自分用チョコがあったのでお買い上げしちゃいました。

デメルの猫ラベルのスイート、今回が初ゲット!
もう一個オレンジピールにチョコがかかったやつも、美味しそうだし箱が可愛かったので。

あと、去年青森の中三でも売ってて、欲しいと思ったんだけど品切れになってた猫の形のチョコも、同じ猫好きの姉と食べようと思って買いました。
ラッキーなことに何食べても詰まらないみたいですが、母乳の質の事を考えて、ちょっとずつ大事に食べて行こうと思います。

そして、数年ぶりに父にも、ちょっと早いけど渡そうと思い買いましたよ。

来週また、今度はチェックと義父の分も買おうと思います。



その後は電気屋に行って、自宅で使うオイルヒーターを購入。

しかも、そろそろシーズンオフになるので売りつくしセールをやっており、更には展示品限りだったので、欲しかった最新モデルが、約二万円ほど安く買うことができました。



息子の面倒を見る代わりに、昼食が作れない(本当はただめんどくさかっただけ)母のために、自分たちと家族の分のモスバーガーを買って帰りました。



息子は私らが外出して30分程で泣き出したそうです。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

生後一ヶ月

►2012/01/20 18:17 


今日で息子が産まれて一ヶ月。
あっという間の一ヶ月でした。

育児に追われて…というより、息子と一緒にとにかく寝てたから、気が付けば一日が終わってました。
本当に、一度眠れば二時間とかまとめて寝てくれるので、あまり手が掛からなかったんです。



ええ、掛からな「かった」んです。



ここ一週間ちょっと、日中なかなか寝なくなりました。
抱っこか腕枕しないと、すぐ起きます。
だんだん日中眠る時間が短くなるのはわかるんです。
それは成長の証しだし、夜は抱っこもあまりしなくてもすんなり眠るし、私も一緒に寝るのだから、日中のようになかなか寝なくても、ちょっと腕がきつかろうが腕枕すれば、更に少し長めに寝てくれるからいいんです。

でも、日中は何もできやしない。

まだ機嫌よくキョロキョロしたりして起きてるならいいけど、起きてる時はだいたい泣いてます。
しかも息子の場合、泣き方が半端無い。
産まれた時も先生に「元気な声ですね」って言われたくらい、とにかくギャンギャン泣きます。
この泣き声が心配の種で、なんか私が虐めてるんじゃないかってくらい、とにかく大音量。

今は他に見てくれる人がいるからいいけど、自宅に戻ったら、泣いててもある程度無視して家事をしなきゃいけないわけで。
でも周りから「あそこの家、子供を虐待してるんじゃ…」ってくらいの声を出すから、ホント、変な誤解をされやしないか、そこが心配です。

一応寝かせ方とかも色々工夫はしてるんですけどねー。



まあ、そんなこんなで育児の厳しさも徐々に感じつつ、日に日に肥えゆく息子の成長を楽しんでの一ヶ月でした。

これから大変な事も更に更に増えるんだろうけど、その分楽しみな事や嬉しい事も増えていくんでしょうね。


来週金曜日に一ヶ月検診終えたら、一度チェックの実家にも泊まって、日曜日からいよいよ家族三人での生活のスタートです。

未分類Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

ヤングオイスター

►2012/01/16 09:55 


前に載せた写真の、お気に入りの息子の顔が、今待受にしてるディズニーのアリスに出てくるヤングオイスター(カキの赤ちゃん)と顔がそっくりである。

ああそうか。お気に入りの理由はそこか。
ヤングオイスターが元々好きなんだが、それに似てるからなんだな。


ヤングオイスターもだけど、息子もたまに、いや、しょっちゅうオッサンくさい顔になるし、普段から似てなくもないんだよな。






ヤングオイスターの衣装、作りたい……ゴニョゴニョ

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

ぷくぷく

►2012/01/12 16:41 


日に日に肉がついて丸くなっていく息子。
先週あたりから、すでにその貫禄は生後二週間のものとは思えないほどに。

顎は立派な二重顎、ほっぺは重力に従ってお肉が垂れまくり。
手の甲にも赤ちゃん独特の窪みができはじめ、ヒョロヒョロだった太もももムチムチしてきて、ボンレスハムになるまであとちょっと…。


さあ、もっと肥えろ!

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

初顔出し?

►2012/01/09 17:29 


子供の顔は防犯上晒したくはないのだけど、まだ病院にいた時ので今と全然顔違うし、何より半分も見えてないしwwww


今年の年賀状用素材にと撮ったうちの一枚。見切れてますが、この顔がたまらなく好き。

この顔だけちゃんと撮りたかったな…。
でもこの見切れてるあたりがまたいいんだけど。

つーか、お気に入りの写真が、ほとんど変顔とか、どんな親だよw
でもまだあんまり表情が無いから、たまたま撮れる変顔の方が表情があって面白いんだよね。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

手作り

►2012/01/06 21:29 



去年の11月入ってすぐの土日からずっと実家にいたんだけど、家事とかは母親がやるし、車も使えないしでやる事ないから、ひたすら赤ちゃんのものを手作りしてました。

肌着短長あわせて5枚、おくるみ三枚(一枚は湯上がり用)、よだれかけ5枚、写ってないけどおむつ替えシート、編み物でシロクマモコモコケープとベスト。

めちゃくちゃ捗ったし、楽しかった。

やっぱり手作りは楽しいね。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

母乳育児

►2012/01/06 17:25 

できれば子供は母乳で育てたい

これが妊娠前からの目標でした。
一時期はパートもしてたけど基本専業主婦なのだから、母乳が出るなら母乳で育てたいな、と。


そしてもう一つ、不妊の原因として高プロラクチン血症が原因の一つとして挙げられていて、私の場合、生理も排卵も毎月規則正しくあったのだけど、調べてみたらこのプロラクチンというホルモンの数値が異常に高かったのです。

プロラクチンは母乳を出すためのホルモンの一つで、妊娠していない人の平均数値の三倍近くあって、もしかしたら搾れば出てくるんじゃないですかねって、看護師さんに乳首をギューッてやられたくらいの数値でした。(結局その時は出なかったけど)

このプロラクチンというホルモンが出ていると、子宮の働きが悪くなるそうで、授乳期の女性が妊娠しにくいのは、母乳を出すためにこのホルモンが出ているからなのだそうです。

つまり、このホルモンが妊娠してないのに大量に分泌されてるんだから、妊娠したら更にいっぱい出るんじゃないだろうかという期待と、このホルモンのせいで今まで散々苦しんできたんだから、いざ妊娠して出産しても全く母乳が出ないなんて納得いかないぜ!何がなんでも母乳出してやらぁ!という意地みたいなものもありました。



病院の指導の下、安定期からは乳首を柔らかくするマッサージと母乳の出を良くする乳房のマッサージを毎日やっていたのですが、そのおかげもあってか七ヶ月後半あたりから母乳の分泌がありまして、どんどん量も増えてきました。

でも生後二日目までは、当然赤ちゃんのお腹を満たすほどの量は出ていなかったみたいで、何回も何回も泣くたびにひたすらおっぱいをあげていました。

ところが三日目。
沐浴の時に毎回体重を測っていたのですが、それまで減り続けていた体重が30gほどアップしていたのです。
「初めてのお産で、三日目にして赤ちゃんの体重が増えるって、なかなか無いですよ。」と看護師さんもビックリ。
その日から授乳間隔も二時間~三時間おきになりました。

翌日は更に60g程増えていたみたいで、退院の時には産まれた時の体重に戻りつつありました。

そして昨日、退院一週間後チェックで息子の体重を測ってきたのですが、この時に産まれた時の体重に戻ってればいいですよって言われていたのが、それを大幅に上回る3702gになっていて、看護師さんに「母乳だけなんですよね?」とまたまた驚かれました。


正直、自分でも驚きです。
自分の母が母乳が出なかったと言っていたから、そういうのって遺伝するとか言うし、本当はあまり期待はしていなくて、でも諦めずに続けていれば出るようになるとは思っていたけど、ここまで最初から順調に母乳育児ができるとは思っていなかったので…。
姉も完全母乳で甥たちを育てていたけれど、最初は30分おきだったとか聞いてたから、自分もそんなもんだろうと思ってました。

父方の祖母が近所の赤ちゃんにも飲ませていたくらい凄く母乳が出る人だったみたいで、そっちが遺伝したのかな?
だとしたら、おばあちゃんありがとう!


そんなわけで、目標通りの母乳育児ができて、乳首痛かったり食べる物に気を付けたりとか大変だけれど、やっぱり嬉しいですね。


そして、おっぱいを飲み終えた後の、口の周りをビチャビチャにしながら満足そうな表情をしている息子を見ると、たまらなく愛しくなります。
でもこの時の表情って、ハッキリ言ってオヤジくさくてめっちゃブサイクなのよねwwww
微笑ましく思うというより、爆笑してる事の方が多いです。

無意識に変顔が得意とか、さすが我が子である。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

いざ出産 その4

►2012/01/05 09:53 

そして20日の朝、陣痛も相変わらずの5分間隔。そして子宮口はちょっと開いて、だけど2センチあるかないか。

朝ご飯も相変わらず食べる余裕もなく、前日言われた通りに、破水と促進剤の処置を受ける。

すると途端に、今までも相当痛かったけど、それまでの何倍も強い陣痛に襲われ、声を出したいとかじゃなく無意識に大声が出てしまうレベルで、本当はチェックに飲み物とか色々買い物を頼んでたんだけど、痛すぎて不安になって「行くな!」と言ってました。

それから一時間ほどしたら、今度はいよいよいきみたくなってきました。
だけどやっぱり子宮口が2センチくらいだったので我慢して下さいと…そこからが長かった!



だんだんといきみたいのも強くなってきて、我慢するのも相当辛くて、なのに子宮口が全然開かない!
赤ちゃんもかなり下がってきてるから無理もないだろうけど、とにかく我慢してと言われ続けました。

途中本当に辛くなって、だけどまだ3~4センチしか開いてないって言われた時に、無痛にしてくれって頼んじゃいました。
だけど、その時にもう一回開きを見てみたら7センチまでいきなり進んでて「今からなら間に合わないから、もう少しだしこのまま自然で頑張りましょう」って言われて、じゃあ頑張ってみようって頑張ったわけだけど、そこから全開になるまで更に三時間くらい掛かりました。

最後はチェックにお尻を押してもらいながらのいきみ逃し。
翌日チェックは全身筋肉痛になってたけど、あれが無かったら本当に途中でいきんでたと思う。

そのチェックの尽力も意味をなさない程いよいよ限界になって、そのあたりでまた隣のベッドに新しい人が入ってきたんだけど、迷惑とかなんとか気にする余裕なんて当然なくて、思うがままに唸って叫んで…もう何度目かわからないナースコールをしたものの「まだ7センチです」と言われ、この時は本当に絶望しました。

「もう無理です。なんとかなりませんか?」

と思わず言っちゃったもの。


そしたらベテランっぽい看護師さんを一応呼んでくれて、もう一度診てもらうと…


「ん…?全開だよ~。うんうん、全開だ。赤ちゃんもかなり下がってるね。今先生呼ぶから、あと本当にちょっとの我慢ね」



イェァアアアアア!!!!!!!!!



限界だけど、一気に気持ちが楽になって、もうちょっと頑張れそうな気がしてきた!つか、頑張る!

先生が来てもう一度内診。
「うん、いいですね。じゃあ分娩室に移動しましょうか。いよいよですね、頑張りましょう!」とゴーサイン。


そしてこの時、ちょうど母が病院に来て、散々立ち会い渋ってたから立ち会わないもんだと思ってたのに、チェックや私と一緒に分娩室にちゃっかり移動してましたwww


分娩はいきめない時に脚をアロマオイルでマッサージしてくれたり、いきむのも苦しかったけど割と余裕で、それまでとは違って意外と冷静でした。


だがしかし、最後の最後にもう一騒動。


頭が見えてきたあたりで、助産師さんから先生に交替したんだけど、その時に助産師さんが私の横に来て「お手伝いしますね」って言ったので、先生の何かをお手伝いするんだろうなぁと思ったら、台に乗っていきみに合わせて私の腹を全力押してきたのです。


それまでの余裕はどこへやら。
これまで出したことのない声を多分出してたと思う。
もう、痛いんだか苦しいだかとにかく何が起きてるのか訳がわからなかったです。

直前に母がチェックに「私はお腹押されたのよ~」なんて話してたらしいのですが、まさか自分の娘も、しかも自分の目の前でやられるとは思ってもみなかったようです。



そんなこんなで、予定日一日前の20日午後5時9分に出産となりました。

産まれる瞬間は感動するんだろうな、なんて思っていたのに、陣痛は長かったし、最後はパニック状態だったしで、実際は「やっと終わったぁ~!」が最初の感想でしたwww
カンガルーケアもしたけれど、なんか意識が半分朦朧としてて、第一印象が「ぬるぬるしてる…」だったし、後からじわじわくるのかと思いきや、しばらくは眠くて眠くて仕方がなくて、嬉しさや感動を実感したのは次の日くらいだったかな。


でも、母がずっと言っていたように、産んだ瞬間に痛いの全部忘れました。
陣痛で唸ってる間は、マジで「次は絶対無痛だ!」って思ってたのに、今は別にどっちでもいいというか、次も自然でいいとか思ってますしね。



そういえば、私がいきみたいのを我慢してる時に隣に来た人、私が分娩室入った直後に、その人も手術室(私が分娩室先に入ったので手術室で出産)に入って、私より8分早く産んでました。
二人目だったらしいのだけど、そんなに初産婦と経産婦って違うものなのかしらね。
二人目、できるかどうかわからないけど次はもう少し楽だといいな。

しかも、私が病院に来た時に隣のベッドにいた人も結局は20日に出産したらしく、しかもしかも、みんな男の子でした。

この日と翌21日が出産ラッシュだったようです。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

いざ出産 その3

►2012/01/05 09:53 

病院についてすぐ、間隔は10分間隔になりました。

7時過ぎにチェックが病院に到着し、母と付き添いバトンタッチ。
出された朝食と昼食を難なく完食。


そして昼過ぎ、間隔が5分間隔になり、痛みもより一層強くなるものの子宮口はまだ1センチ。

体を起こすのが辛く、晩御飯はさすがに食べられなくて、チェックにゼリーの栄養補助食品を買ってきてもらい、それで飢えをしのぎました。

しかしまだまだ産まれる気配がなく、「このままの状態が続いたら翌日破水させて陣痛促進剤を投与します」と言われ、翌日その通りになりました。


この日は二人部屋だったんだけど、先に入ってた人が無痛分娩だったらしく、痛みが出てくる度に麻酔を入れてもらってて、私は隣で5分おきにウンウン言うたびに「次は無痛かな…」なんて思いながら痛みに耐えたっけ。

何時ごろだろ?晩御飯終わった後くらいに、隣の人は子宮口がだいぶ開いてきたからと陣痛室に移動して、そこでやっと私は、痛みが来た時に声を出せて、気持ち的に少し楽になりました。
それまでも控えめに「ウーン…」とか言ってはいたけど、本当はもうちょっと声出したかったの。でも、うるさいと迷惑かと思って我慢してた。



夜、面会時間が終わって、チェックは帰りがてら、実家の近くの神社で「早く産まれますように」と願をかけたらしいです。


この日の夜中は、当然ながらこれまで以上に眠れなくて、でも眠さがかなりピークで、5分の間になんとか睡眠を摂るという妙技を編み出してました。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

いざ出産 その2

►2012/01/04 21:21 

陣痛が来たと確信はしたものの、間隔がまだまちまちで、所謂前駆陣痛の状態。

30分空いたかと思えば次は5分後だったりで、寝ようと思ってもなかなか眠れず、結局そのまま18日の朝を迎えました。
そしてそこでやっとチェックに「痛いから、そろそろかもしれん。でもこのままだと今日は無いだろう」と報告。

痛みはちょっとずつ強くなるものの、相変わらず間隔がバラバラ。
寝不足なんだけど、そんな状態だからやっぱりなかなか眠れず昼過ぎになり、とりあえずチェックを自宅に帰すことに。


不定期にやってくる痛みをなんとかやり過ごしながら、晩御飯、お風呂、念のためにすぐ病院に行ける準備をして一応就寝。
だけどやっぱり眠れず、痛みが来た時間をメモしながら布団の中でひたすらモダモダ。

そして深夜三時を回った頃、だんだんと間隔がついてきたので様子を見てみると15分間隔。
本当は初産なら10分間隔になったらなんだけど、病院まで遠い人は15分で一度連絡するように言われていたので、午前5時頃病院に連絡(実家は弘前、病院は青森だった)。

すぐに来て下さいと言われたので、チェックに連絡を入れ母を起こしてすぐに出発。


19日午前6時、子宮口はまだ1センチしか開いておらず、普通なら一度帰される状態なのを、家が遠いためにそのまま入院となりました。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

いざ出産 その1

►2012/01/04 20:44 

出産は順調だった妊娠期間中とは打って変わって、35時間以上かかった、ちょっとした難産でした。

実際には35時間プラス、更に24時間ほどのあれやこれもあったわけで…



12月17日土曜日、予定日を四日後に控えたこの日。
数日前に、ちょうど予定日が一週間違いだったタレントの松嶋尚美が出産前に焼き肉のジンクスを試したら、その日の夜に陣痛→翌日出産した、と言うのをブログを見て知り、半分冗談で私も試してみようかという話になり、外食もしばらくできないのだからと、この日の夜はチェックと焼き肉を食べに行くことにしました。

でも実は、この日の昼ぐらいから極々軽い痛みがあって、だけどその数日間、うんちをした後必ずそういう痛みがあったので、普段よりちょっと痛いけど、気張った後だから、またお腹が落ち着かないだけなんだろうな~、と思っていました。


ご飯前に産後に履くんだぁ♪と柄レギンスとか買って、焼き肉たらふく食べて、風呂入ってケータイ大喜利見ながら就寝。
この間、例の下腹部痛が少しずつ強くなってきていて、あれ?と思ったけど、前回うんち気張った後もしばらく痛かったし、でも寝たら消えたから今回もそうだろうと思って、やっぱり気にしなかったのです。

いつ私が産気づいたと呼び出されてもいいように、自宅にいる時はお酒を飲んでいなかったチェックは、毎週末私の実家に来る度に飲ませていたので、ケータイ大喜利の途中で眠りについてしまいました。

私は最後まで見ていて、そろそろ寝ようかな、なんて思っていたら、例の下腹部痛が更に強くなってきました。


あ、これは間違いないかな?

やっとそこで確信しました。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

妊娠期間中

►2012/01/04 16:21 

妊娠期間中は特にトラブルもなく、順調に過ごすことができました。

つわりも辛かったけど、多分軽い方だったのかな?
二回くらいリバースしたけど。

あ、でも体重は臨月入ったらかなり増加しちゃって、最終的には14キロ(もしかしたら15キロ)も増えちゃいました。
実家に帰ってたから犬の散歩とか行ってたし、スクワットや床みがきとかしてたのに、体重の増加が全く緩やかにならず、検診の度に憂鬱になってたけど。

臨月は呼吸するだけで太るって本当なんだなって、身をもって感じました。


安定期に入ってからは二人での最後の旅行にも行けたし、アクセサリー作りも凄く集中してできたし、さすがにコスプレはしなかったけど、何度かカメラマンで撮影会にも参加できたし、とにかく子供が産まれたら当分はできないことを、無理のない範囲で色々やることができて、そのおかげかマタニティーブルーにもならずに出産まで過ごすことができました。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

妊娠判明

►2012/01/04 16:02 

妊娠がわかったのは4月でした。

ずっと子供ができなくて悩んでいたので、半年ほど治療もしていました。
自然妊娠できない程の深刻な状態でもなかったのですが、夫婦お互いに原因があり二人での治療でした。
旦那は治療に積極的で、付き添いにも何度も来てくれたし、タバコもやめてくれました。


そして3月、震災の影響で一度だけ治療をおやすみしたのですが、そしたらまさかの妊娠。
自然妊娠できないわけではなかったので、もちろん可能性がないわけでは無かったけれども、まさかのタイミングでの妊娠に、ただただビックリ。


もちろん判った時は号泣するほど嬉しかったけど、反面今まで何年もダメだったから、最初は本当に信じられませんでしたね。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。