スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

明日から12月。

►2006/11/30 21:56 

20061130215653
早いもので、今年も残すところあと一ヶ月。
来年の大イベントに向け、着々と準備が進められていく中、
やっぱり今年も年末は忙しい。もうかなりへとへと。
今日もちょっとしたトラブルがあって、私が起こした訳じゃないけど、
そのフォローで気を使ったよ。

この時期は忙しくてイライラしてしまうのは仕方がないけど、人にあたったり、あからさまに態度に出すのはやめましょう。
周りも忙しいのは同じなのですから、場の空気が悪くなって、余計イライラが募るだけです。

こういう時こそ、『笑顔』を心掛けたいですね。
今なるべく実践してます。

一日の終わりに、風呂で汗を流しながら、今日一日起きたことを振り返ると、
良いことも、悪いことも、素直に受け止められる気がします。

さて、明日も頑張りますか。

スポンサーサイト

日々の徒然Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

カボチャのポタージュスープ

►2006/11/07 14:53 

ハロウィンの記事のコメント返しで、カボチャのポタージュスープの事を書いたら、
ポタージュスープが飲みたくなり、作りました。
まさまささんのご要望に応えて、ちょこっとMOCO流の作り方を紹介します。

私の作り方の場合、ほとんど目分量のアバウトな作り方なので、
心配な方は、ちゃんと本などのレシピを見て作ってくださいね。

材料は、あまり凝ったものは使いません。
カボチャ(200gくらい)、タマネギ(1/2~1/3くらい)、水、チキンスープの素(固形1~2個)
生クリーム(100ccくらい)、牛乳(100ccくらい)  これでだいたい4~5人分かな?
このように、だいたい家に揃ってあるものでも、十分おいしくつくれます。
もちろん、香味野菜にタマネギ以外にもセロリなんか入れたり、栗を入れたり、スープにこだわってもOKです。

まず、カボチャの皮をよく洗い、1cmくらいの厚さに切ります。
そして皮を剥きます。この後、皮も使うので、皮は捨てずに取っておいてくださいね。

材料

タマネギは荒みじん切りにします。
鍋に油(バターでも可)を熱し、タマネギを焦げ付かないようによく炒めます。
できる人は、あめ色タマネギにしちゃってもいいですよ。
目安は、軽く色が着くくらいで結構です。

カボチャも入れ、軽く炒めます。
全体的に火が回ったら、ひたひたになるくらいの水と、固形スープの素を入れ、
カボチャが柔らかくなるまで煮ます。

カボチャに火が通ったら、煮汁ごとフードプロセッサーにかけます。
熱いので火傷に注意してください。
粒がなくなるまでやってください。
裏ごししてもいいですが、しっかりフードプロセッサーにかけると、
裏ごしの必要がありません。
これを鍋に戻し、牛乳を加えて火にかけます。
牛乳の量は、お好みにより調整してください。
軽く沸騰したら、一旦火を止め、生クリームを加えます。
これでスープは完成です。

ところで、残しておいた皮ですが何に使うかというと…
まずは1cm角くらいに切ります。

皮

これをフライパンで炒めます。
火が通ったら、スープに投入!!(カロリーの気になる方は、レンジで加熱してもいいですよ!)
そう、浮き実になるのです!
材料を無駄なく使えて、さらに皮はたくさんの栄養分が含まれてますから、
体にもいいってわけです。

最後にパセリを散らして…
完成☆

ハイ☆できあがり!
これからの寒い時期、体の中からポカポカと温まりますよ。

日々の徒然Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

ブライダルフェア3

►2006/11/05 02:22 

日付は変わったけど、今日4日は、本命である
「モルトン迎賓館」のフェアに行ってきました!
これまでも、何度か足を運んだのですが、その度に式・披露宴の真っ最中。
たしかにゼクシィにも、ホームページにも「チャペル見学会」って書いてるのですが、ホテルでの式や披露宴と違って、
本当に結婚式のための建物だから、宿泊客やレストランを利用する客がいなくて、入りにくいんですよ。
だから今回は、車停める前に一度素通りして、雰囲気を確かめてから行きました。

そして、いよいよ中へ…。
一階は、フロントと展示室と相談室だけなのですが、もうここからツボ!!ε=(/*~▽)/
落ち着いたおしゃれな雰囲気!イギリスのホテルみたいな感じなんです!!萌え~!
本当はこの日は「ウェディングドレス展示会」だったのですが、普通に中を全部見せてくれました。というか、たぶん、つねに3着程展示してるだけで、この日に特別に多く展示してるってわけじゃないみたい。
そしてこの日も普通に夕方から式があったと…。
後から気がついたけど、ここの場合、いくら予約不要でも、電話の一本入れてから行ったほうがよさ気ですf^_^;
まず最初は、モルトンさんご自慢の「独立型チャペル」へ!
正面にどど~んと立派なステンドグラス☆
このステンドグラスやベンチなどは、全て海外からの、アンティークを輸入してるんだとか!
独立型だけあって、天井も高いし、広いし、本当に神聖で理想的!
是非とも、マリアベールのロングトレーンで歩きたいわ!
お次は披露宴会場へ。
これから披露宴が行われる、準備中の会場に通されました。
まだ肝心の主役の新郎・新婦どころか、ゲストさえ入っていないのに!スタッフさんも忙しそうなのに!
申し訳ない気持ちと、ちょっとした優越感とでドキドキでした。
200名入る会場に145人分のセッティングでしたが、ちょっと狭く感じました。
が、やっぱり理想的~!!
新しい場所だから、部屋の作りはもちろん、テーブルや椅子も超好み!
シャンデリアも、変にきらびやかではなくて、ちょうどいい感じで、とにかくおされなんです!

次はゲストのためのウェイティングルーム。約40名入るらしいですが、ここの家具もまたかわいくって♪
ウェルカムドリンクもお出しできて、ゲストに余計なお金や移動をさせずに済みます。
さらに、ゲストのためだけのお部屋なので、私たちのアイディアで、退屈させないようにできそうですし。

お次は新郎・新婦の控室です。
最初に通されたのは、新郎の部屋。
モルトンさんでは、新郎新婦の部屋を別にして、お互いの姿を見るのは式場で、という風にニクイ演出ができます。
新郎の部屋は、黒と白をメインにした、男性らしいイメージになっています。カッコイイお部屋でした。
そして、新婦のお部屋は…もう、思わず入った途端「かわいい!」って叫んでしまいました!
薄いピンクと柔らかな白で統一されたお部屋で、鏡台もソファも、まるでお伽話に出てくるお姫様のお部屋に置いてそうな物ばかり!
本当に自分がお姫様になれそうな感じなんです。
姉の時は、狭い地味な部屋で新郎と一緒に着替えてたけど、こんな素敵な部屋で着替えれるなんて、本当に幸せ!(もう決めたような口ぶりね)
でもこれは、本当にポイント高い!!
「じいや、お茶を持ってきて。」って言いたい!

エステルームもあって、ここではアロマバスもできるんですって。
それで、このバスタブが「猫脚」のバスタブ!!
萌え~!!

もう、最初からココ!って思ってたけど、ますますその気持ちが強くなってきました。

そして最後は色々な相談。
ゼクシィ見る限りでは、ドレスあまり着れなかったり、和装できなかったりするのかな?と思ってたのですが、そんなことはなく、ちゃんとそのためのプランもあるし、演出も普通に色々とできるみたいです。
しかも!憧れの「ブライダルハウスBiBi」の衣装が、定価の半額で着れる!!
更にポイント高し!
実は今度、BiBiのフェアにも行くので、「モルトンさんで考えてます」って言えば、なんとなく気持ち的に楽ですね。
さすがフェア三回目だと、質問もちゃんとできるようになりましたよv(^o^)

さて、後は国際を見てみてどうするかですが、私はかなり気持ちが傾いている、というか、モルトン以外考えられません。
だって、こうも自分の理想にぴったりな式場って、そうそうありませんもの!

今回は、式と披露宴を控えてるのもあり、急いで回ったので、写真はありません。
ま、本番でのお楽しみということで…。

ブライダルComment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。